おやつの時間。

quatreh.exblog.jp
ブログトップ

2006年 08月 18日 ( 1 )


2006年 08月 18日

パリのケーキ屋さん。

突然思い出したので、パリのケーキ屋さんをご紹介。
お菓子の勉強に来ていたお友達に薦められた2店へ、帰国直前に駆け込んでみました。

f0066287_1518068.jpg

f0066287_15184590.jpg1店目は「Pain de sucre」。
友達曰く、「これから確実に来る!」お店らしいのです。
確かに平日の昼間だというのに、お店はお客さんで溢れかえっていました。
私が購入したのは、グラスに入った涼しげなデザート2種。
家に帰って食べてみると、「??」
食感も風味も想像の域をはるかに超えていて、自分が口にしたものが食べ物なのか何なのかさえよく分からない・・・。
確か、グレープフルーツとかマンゴーだったはずなのだけど。
ふた口、み口食べ進めるうちに慣れてはきたけれど、最初の衝撃が大きすぎて、上手く味わうことが出来ませんでした。
うーん、確かにこれは話題になるかも。

f0066287_1519285.jpg2店目。
ここは雑誌などでもよく見かけるお店。「Arnaud Larner」。
4種類ほど買ってみたのですが、そのうちの2種はなんだか雪見だいふくみたいな食感。
ごめんなさい、私、雪見だいふく好きじゃない…。
友達は美味しいといっておりました。
ミルフィーユはとても美味でした。
友達のお薦めはグラス(アイスクリーム)だったので、いつか食べてみたいな。


3ヶ月間、私としたことが、ほとんどケーキ屋さん巡りをしなかったんです。
毎日フレンチレストランに行って、ケーキを食べて…って思っていた方もいるみたいだけど。
でももう一度パリへ行く機会があっても、ケーキ屋巡りはしないだろうな。
有名店のケーキやお菓子なんて、しょっちゅう食べるものじゃない気がしてきたのです。
年に数回、特別な日やちょっとした機会に、好きな人と一緒に食べる。
それが最高の贅沢なんじゃないかなあ。なんて。
[PR]

by quatre_heures | 2006-08-18 13:17 | パリの思い出。