おやつの時間。

quatreh.exblog.jp
ブログトップ

2006年 07月 31日 ( 1 )


2006年 07月 31日

Stockholm の一日。

f0066287_133887.jpg

6月14日(晴れ)。
朝3時頃に目が覚めると、外はもう明るい。
あれ?日が昇るのが早いの?それとも日がまだ沈んでいないの?
というより、日は沈まないの??
さすが北欧!

9時頃起きだして、ホテルで朝食を取り、外出。
本日1番目の目的地はストックホルム市庁舎、の塔。
私、高い所が大好きなんです。
海に面した市庁舎は、星や月のモチーフが印象的な建物。早速塔へ向かうと、すごい列で入場制限までしていました。
そして順番がやってきて、塔に登ると、そこは!!
美しい。のひと言。
やっぱり水があるって気持ちがいいなあ。
そしてなんと、その塔にいるのは私ひとり。入場制限の意味は??
後ろから次の人が登ってくるまでのつかの間、今自分のいる世界が、現実のものではないような不思議な気持ちに浸っていました。
大きく深呼吸をすると、不意に声を掛けられました。
「プッシュ・プリーズ」。
声の方向を見ると、見るからに関西のおばちゃん風。
ものすごく細かい指示を受けながら、写真を撮ってあげました。
そして、「あんた、ひとりなんやろ。写真取ったるわ。」と、私からカメラを奪い取るおばちゃん。
でもでも、それ、デジカメですから。
私の方に液晶画面を向け、レンズ部を覗き込むおばちゃん。
画面にはおばちゃんの顔アップが・・・。
それも楽しい旅の思い出♪
f0066287_13341570.jpg
その後、川を渡り旧市街のGamla Stan(ガムラ・スタン)へ。
最初に入ったお店、Iris Hantverkはとっても北欧らしいハンドメイド製品のお店でした。
欲しいものがものすごくたくさんあったけれど、まだ一軒目だし、と自分を落ち着かせ、なにも買わずに店を出る。(そして後でものすごく後悔することになる。)
このあたりは、小さな商店がたくさん並んでいて、でも道を一本入ると、かわいらしい静かな住宅街。
とても雰囲気のよいところでした。(セブンイレブンもこんな感じ)
f0066287_13333175.jpg

そしてまた川を渡り、今度はエステルマルム地区へ。
お目当てはRiddar Bagerietというパン屋さん。そこでランチボックスを買い、近くの教会でランチ。
このあたりは、少し歩けばすぐに公園や教会があり、たくさんの市民がのんびりランチしたり、読書をしたりしていました。
豊富な水と緑。自然と気持ちが落ち着くんですよね。
f0066287_13344878.jpg
午後は雑貨ショップ巡り。
意外にも北欧らしい(私のイメージの)お店って少なかった気がします。
見かけるのは日本でも売っているようなものばかり。
日本って、本当になんでも揃っているのね。
でもカフェは素敵なところがたくさんありました。

夕食は、どうしても食べてみたかったショットブラール(とビール)。
ミートボールにジャムをつけて食べる、代表的なスウェーデン料理です。
そして食後には、やはりどうしても食べたかったキャロットケーキ。
キャロットケーキはパリのスウェーデンカフェのものの方がおいしかったです。がっかり。
f0066287_1335782.jpg


そんなこんなで、この日も明るい中就寝。
明日はヘルシンキです。
[PR]

by quatre_heures | 2006-07-31 13:43 | 北欧。