2006年 11月 10日

私に向いていること。

先日、仕事で某テレビ局へ行ってきました。

普段ほとんどテレビを見ないこともあって、「テレビ局とか全然興味なさそうだね」なんて言われながら送り出された私。
いえいえ、ロビーについた瞬間からキョロキョロしまくりです。

そして9時から17時まで局内にいた私が目撃できたのは、
「大助花子」と「タカアンドトシ」・・・。
なんだか微妙…。

そして夜は、接待飲みを初体験しちゃいました。

接待終了後のこと。
「○○さん(私のこと。)、ものすごく営業のセンスあるよ。会社に閉じこもらせてるのはもったいないよ。」と、私の上司に熱く訴える他部署のおじさま。

えー!

これを読んでくれてるみなさまはご存知だと思いますけど、私、愛想の欠片もありません。
営業的な仕事、最もやりたくないし、適性もゼロだと自認しています。
なにかの間違いだ…。

そして今日、仕事帰りに洋服屋さんへ行った時のこと。
店員さん:「同業者ですよね? 同じ匂いがしますよー。」と。
今度は販売職?

だから、接客も嫌いですって!
そこの店員さん曰く、接客に必要なのは愛想や感じのよさじゃないんですって。
で、代わりに何が大切なのかは聞き忘れちゃったんですけど。

たったこれだけのことなんですが、なんだか急に自分が営業向きな人間な気がしてきちゃいました。
今日の店員さんが言ってたんですけど、自分が何に向いているかなんて、一生かかっても分からない人の方が多いんじゃないかって。
確かにそうかもしれないなあ。
私には何が向いているんだろう?
みんなは自分の仕事、自分に向いてると思う?
また考え始めると止まらなそうで、なんだか怖いのでした。(でも今回はすごく前向き!)
[PR]

by quatre_heures | 2006-11-10 22:25 | 日々のこと。


<< 美味しいもの、と。      デザイン週間。 >>