おやつの時間。

quatreh.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 22日

Collioure から Perpignan へ。

f0066287_1403240.jpg
6月3日。
翌日もよいお天気。
ホテルのテラスで朝食を取り、お散歩へ出掛ける。
海辺を歩くと、水の透明度の高さにびっくり。
私が今までに感激した海(ボラボラ島やサントリー二島)の色とはまた違う、Collioureの海の色。
いつまでも記憶に残りそう。

海辺に立つお城や教会たちが頑強で荒々しい外観なのに反して、一歩内陸に足を踏み入れると、そこは童話の世界。
色とりどりの花たちと、パステルの家々。
時間も忘れて、ひたすらぼーっとしたり、写真を撮ったり。

そして、お昼前に電車に乗り、隣町のPerpignan(ペルピニャン)へ。

ペルピニャン、駅を出たときから様子がおかしい。
もちろん、コリウール同様、何も情報のない私たちは駅前の地図を頼りに市街地方面へひたすら歩く。
道すがら、そして中心地らしきところに着いてからも、疑問が。
「どうして人がいないの?お店も全部閉まってるの??」
日曜日ならまだしも、今日は土曜日。
お店がやっていてもおかしくないのに。
これくらいの都市なら、人がたくさん歩いていてもおかしくないのに・・・
昨日の雪辱を果たそうと、「パエリア!パエリア!」気分でいた私たち。
悲しい気持ちで、唯一開いていたピッツェリアでランチを。
ピザは予想以上に美味しくて、ビールでほろ酔いになり、お店をでると・・・
すごい人の数!お店も全部開いてる!!
ランチを取っている1時間強の間に、世界が変わってしまったみたい。
まあ、つまり、みなさんお休みの日は、朝寝坊さんってことなのね。
午前中に活動する人なんて、存在しないみたい。
f0066287_14154.jpg

そして、ピッツェリアでもらった地図を頼りに、ペルピニャン最大の観光スポット(たぶん)「Palais des Rois de Majorque(マジョルカの王の宮殿)」へ。
函館の五稜郭みたいな形をした宮殿。
はるばる来た割には、あんまり見所ないなあ・・・と思ってしまっていたけれど、屋上へ上がってみて、感激!
360度 見渡す限り、山、海、空!
地球って丸いのね。としみじみ感じてしまいました。
私の存在なんて、ちっぽけだ。

ふらふらした後、再びペルピニャンの駅に戻り、ビールを飲んで電車へ。
23時5分、パリリヨン駅に到着。
人ごみはイヤだけど、変に安心した気分になって帰路についたのでした。

おしまい。
[PR]

by quatre_heures | 2006-07-22 14:03 | 南仏。


<< まずはStockholmへ。      Collioure という街。続き。 >>